Mac(Big Sur)で保存済みWi-Fi暗号化キー(パスワード)を削除する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac(Big sur:macOS 11)をたまに使うことがあるのですが、たまに無線LANがうまく接続できないときに切り分けのため、Wi-Fi接続の再設定(パスワードの再入力や変更)をしたい時に「あれ、どこでできるんだっけ…」となったのでメモ。

「キーチェーンアクセス」に保存されている

Wi-FiのSSIDとパスワードの情報は、macOSでは「キーチェーンアクセス」アプリケーションに保存されています。

DockからLaunchPadを開いて…

キーチェーンアクセスを開きます。「その他」ってフォルダに入ってますね。

キーチェーンアクセスのリスト内の「AirMacネットワーク…」というのが保存されているWi-Fi情報です。該当するSSIDを選択して削除すれば、次回接続時に暗号化キー(パスワード)を要求されるので、再設定が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*